ボトックスはエラを手軽に改善できる施術【費用負担も軽い】

筋肉を小さくして小顔へ

肌に触れる女性

効果やクリニックの選び方

エラ部分へボトックス注射を行い得られる効果としては、まず輪郭をシャープにし小顔にするということが挙げられます。ボトックス注射で使用するボツリヌス製剤という薬剤は、注入すると筋肉の動きを弱めるという作用を持つのが特徴です。筋肉トレーニングを行うと筋肉は太く大きく成長しますが、エラ部分にある咬筋という筋肉も硬い食べ物を好んで食べたり、歯を食いしばるクセがあると大きく発達します。ですので咬筋が大きく発達しているケースであれば、メスを顔に入れることなく注射だけでの施術で小顔にすることが可能です。一般的にボツリヌス製剤は注入後、約1週間から3週間程度で咬筋に作用し、さらに3週間から4週間経つと咬筋は痩せて細くなります。咬筋が小さくなった分、顔も小さくなり輪郭がシャープになるといった効果を、たった注射1本の施術で済むボトックス注射で得ることができるのです。また咬筋の動きをボトックス注射で抑えることにより、歯を食いしばる・歯ぎしりといったクセを軽減することもできます。エラが張っていることがコンプレックスで、小顔効果のあるボトックス注射を受けたいという場合は、クリニック選びを十分に行うことが大切です。メスを使わないプチ整形ということもあり、ついついクリニックの比較を怠ってしまいがちですが、より良い仕上がりを求めるならクリニックはしっかり選ぶようにしましょう。エラを小さくするためにボトックス注射を行いたいという場合、できるだけ内出血が起こり難いよう工夫して施術を行っているクリニックがおすすめです。ボトックス注射は皮膚の浅い部分に薬剤を注入するので、他の美容整形よりも術後に内出血は起こり難いと言われています。ですが、顔という人目につきやすい部位に行うプチ整形ですので、内出血が起こり難い対策をしているとより安心です。ボトックス注射を行っているクリニックの中には、静脈可視化装置といって皮下の静脈が皮膚表面から確認できる医療機器を使い、静脈の位置を確認しながら注入する所もあるようです。内出血のリスクを未然に防ぐことができるので、術後のことを考えるのであれば静脈可視化装置を導入しているクリニックを選ぶと良いでしょう。