ボトックスはエラを手軽に改善できる施術【費用負担も軽い】

個人差がある

カウンセリング

麻酔を使えば大丈夫

エラが張っていることによって顔が大きく見えるという悩みは、自分ではどうしようもありません。筋肉が発達していることからの張りであるためダイエットをしても小顔になるようにマッサージをしても変化は見られず諦めている人は多くいますが、ボトックスを使う事で悩みは一気に解決します。ボトックスを注入する事で、筋肉が収縮する効果を得ることができます。それにより張りがあり目立ったエラを収縮させ目立たなくすることで小顔にするという施術がとても人気があります。ですが、ボトックスは注射で注入する事となりますので痛みが心配で施術を受けるのをためらっている人もいます。痛みの感じ方には個人差があるので、痛みを強く感じる人もいればそうでない人もいるとしか言えません。腕にする注射も痛みを感じる人とそうでない人といるので同じようなものです。腕に注射をする時は消毒しかしてくれませんが、ボトックスの場合はテープ状の麻酔を施術する場所に貼って麻酔をかけてくれますので、腕の注射に比べて、痛みはないでしょう。ボトックスを受けるクリニックを決めたらまずは、予約をします。電話やインターネットで予約が簡単に出来ます。施術当日は、看護師や医師とのカウンセリングから施術が始まります。希望の施術やどの部分をどうしたいかなどを伝えるとても大事な時間となります。ここでエラの張り具合なども確認されてからの医師の診察となります。ボトックス注入の痛みを和らげるための麻酔を希望する旨は、カウンセリングの時から伝えるとともに医師にも自分の口で伝えることで、話しの行き違いなどで麻酔なしでの施術になるようなことを防ぐことができます。ボトックスは手術とは違い手軽に行えるものであることから、ボトックスをエラに注入したからと言ってすぐに目に見えて小顔になれるものではありませんので、どれくらいの期間で効果が出るかなどを確認し、もし、その期間で効果が出なかった場合のアフターフォローなどについても質問するのもお勧めです。また、小顔効果を得るためには定期的に施術を受ける必要があるため、どれくらいの期間で施術を受けるといいかなども聞いておくと今後の予定が組みやすいです。