ボトックスはエラを手軽に改善できる施術【費用負担も軽い】

気軽に小顔になれる方法

医者と看護師

メスを使用しない小顔施術

咬筋は非常に広範囲に広がる筋肉であり、これが発達することによりエラ張りを形成していきます。咬筋は年齢に比例して発達することが多く、無意識のうちに歯ぎしり・食いしばりをしている方は注意が必要です。筋肉は使えば使うほど強くなっていくもので、ひとたび進化した筋肉はダイエットをしてもほとんど落ちません。ダイエットは脂肪を燃焼させることが目的で、筋肉が進化している状態を改善することは容易ではないのです。例えば太ももやふくらはぎ太りは運動をしても痩せることは難しく、むしろ太くなっていくケースが多いでしょう。これは筋肉が発達して体積が増えるからであり、解消するには筋肉を適度に衰えさせる必要があります。エラ張りの解消には骨切り術がよく活用されていましたが、近年はボトックス注射がよく活用されています。骨は際限なく削れるわけではありませんし、削ってもあまり小顔効果を得られないことが多いです。咬筋は多くの方が想像している以上に体積が大きいので、ボトックス注射で緩和させることで期待を上回る小顔効果を得られるわけです。エラ張り解消に非常に効果的なボトックス注射ですが、治療後に副作用が発生する可能性があることは覚えておきましょう。起こりやすいのは内出血で、これは注射をする施術全般に言えることなので特にめずらしくはありません。内出血が重度になると腫れを感じることがありますし、その他の副作用には痛み・かゆみなどもあります。そもそも美容施術は医療行為のため、メスを使用する手術ほどではありませんがリスクはあると考えてください。副作用以外で問題があるのは施術の失敗であり、顔が引きつったり笑顔が不自然になったりするケースが認められています。ボトックス注射によるエラ痩せ施術には高度な技術を必要とし、注入する場所や量が適切でないと失敗するリスクが高くなります。非常に難易度の高い施術のため、美容整形を選ぶときはボトックス注射の実績をよく確認しておく必要があるでしょう。また低品質のボトックスの使用によりトラブルが発生するケースもあるので、特に原産国はよく確認してください。米国アラガン社のボトックスは高品質で、最も安全性が高いことで知られています。