ボトックスはエラを手軽に改善できる施術【費用負担も軽い】

輪郭を綺麗にする整形施術

看護師

注射で小顔になれる

ボトックスはアメリカの医薬品メーカーが開発した美容成分で、広く整形外科で用いられています。近年では多くの整形外科で注射の方法でボトックスを、患者の希望している部位に注入します。エラに使用することも可能で、ボトックスの作用で筋肉を委縮させます。注射の施術なので、エラが出ている場所にピンポイントで注入できる点が特徴で、ゆっくりと注入すれば痛みも軽減できます。筋肉を収縮させる作用でエラの張りを目立たなくして、小顔に矯正できます。施術にかかる時間は10分ほどで、注射をしてから痛みを和らげるためにクリニックによっては麻酔クリームも使用します。痛みを少なくするために麻酔テープを使う整形外科では、施術時間は30分ほどかかることもありますが、基本的にその日のうちに治療は完了します。永久的な効果が期待できる美容施術ではなく、一時的に作用を得る種類の治療となります。3〜6か月ほど経過すると効果が薄れてきますので、継続的な効果を求める人は定期的に整形外科に通う必要があります。ボトックスは注射で成分をエラに注入する方法なので、メスで顔を切るリスクを回避できることで施術を受ける人が多いです。ただし、1回の治療だけで完全にエラの悩みを改善できるものではなく、一定期間の間隔ごとに注射をしなければなりません。永遠にエラが出ているコンプレックスを解消する方法ではないことを知っておくことが重要です。また、注射の施術といっても医療行為に該当しますので、担当医の十分な経験が必要です。ボトックス注射の実績を豊富に持っている整形外科を選択することや、カウンセリングで効果の説明を丁寧にしてくれるクリニックを選ぶことが大切です。カウンセリングを受ける前に、気になっていることがあると質問の内容をまとめておくことをおすすめします。施術を受けた日からすぐにメイクをすることは可能ですが、美容成分を注入しているために施術を行った場所を触ることは避けましょう。施術をした部位の形状が固定化されるまでの期間は1週間ほどと推定されていますので、その間は無理な行動をしないことが賢明です。